TOP2010年05月


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

新年快楽!
(写真多し!ゴメンね。)
恭喜發財!
中華圏というより東南アジア圏(ベトナムのテトとか有名だしね)は旧正月まっさかり。
うちの仕事も、中華圏向け出荷が多いだけに、今週は前半は落ち着いたもので・・・と思いきや、後半は結構バタバタ。。

2月帰省の締めくくりの15日は、またまた平日の長崎散歩。
そう、14日から中国正月を祝うランタンフェスティバルが開催されているんです!



長崎駅も龍(”じゃ”って読みます)が躍り出ていた!



中華街もランタン一色。



ここらでちょっとお昼。久しぶりの皿うどん。ちゃんとした中華料理屋で食うのは、ホント久々。皿うどんにはソースがぴったり。本場に酢なんて置いてありません。



ランタンフェスティバルのメイン会場、湊公園。



ホンモノ・・・・



西遊記??



近所の町(ここらへんは館内。十善寺地区。)も彩られて。



ここの銭湯、絶対小さい頃に来たことある・・・記憶がうっすらと。。



電器屋さんも中華っぽい。



なぜかというと、ここらへんは唐人屋敷が点在する町なんです。




そして、見つけてしまった・・・
個人的意見ながら、長崎の事をホントに想うなら、出馬せんといて・・・



唐人屋敷をひっそりと守る?ねこ様。久々の晴れだから、石の上は暖かいのかなぁ。。



こちらは某議員先生のお宅を守る?ねこ様。↑の5m手前。笑



町角は一瞬、中国かと思う。ホント。



坂ばっかり、階段ばっかりの地区なので、黒ネコさまも徒歩で。



裏道を抜けて丸山へ入ると、ザラメのカステラで有名な福砂屋の本店が。



修行中。100円



交番もこんな感じ。丸山のだけど、中島川(めがね橋の近く)の交番もこんな感じ。



丸山公園、遠足のスタート地点だったなぁ。いつの間にか龍馬像が。



なぜかというと、丸山は昔の花町で、龍馬も度々訪れたゆかりの地だから。



かの有名な、料亭・花月。史跡にもなってます。さすがに客ではないので、ここまで。



お!浜勝も赤くなってる。長崎料理・卓袱のお店です。でも、普通は浜勝=とんかつ店、なんだけどね。関東にもいくつかあるよ~



寺町通りを抜けて、Uターンしたあとは中島川沿いを。



日本最初期の写真家、上野彦馬。龍馬の代表的な写真を撮ったのは、彼の弟子だとか。
あれ、足元に・・・??



宝箱!!ローカル番組?で有名らしかけど、オイは知らんかったばい。。



お散歩も最後に差し掛かる。ランタンフェスティバルのもう一つのメイン会場、中央公園。SLがある公園、といえば、長崎人もピンとくるはず。



壁画?タイル画?



と思ったら、全部つまようじだった。。すごかぁ。。



中央橋。長崎随一(今もだよね?)の繁華街。三菱の創始者、岩崎弥太郎が派遣された、土佐商会のあった場所でもある。



浜んまち(というのがこのアーケード街の愛称)もこのくらい人がいれば、繁盛しとる方やね。平日月曜の夕方前だからね。



そして、ケンミンショーにも出てきた、梅月堂のシースケーキ!このケーキ、全国区だと思ったら、長崎市しかないらしい。多分、生まれてこの方食べてきたケーキの半分はこのケーキ。笑
ここいらでひと休み。



龍馬に乗っかりすぎだろ・・・と、さすがにそろそろ思ったけど、ミーハーだから、つい中に入ってしまった。笑
でも、長崎観光する前にここに寄ると、すごく勉強になるかも。映像すごい。。期間限定ってのがもったいない。。



長崎空港もランタン一色。JALさんもANAさんもピカチュウも一緒に。





そういや、上海に直行便なんて飛んでたなぁ。万博行きたい。



初めての海外は、高校2年の時、このドアからスタートしました。



さ、次の帰省は、上海経由かソウル経由か??



<<前の日記へ WAKAさんの日記一覧へ
コメントコメントを書く
AYU 2010年02月20日 02:22 長崎行ってみたくなったよ!!
ソースかけるのはTVで観たことあるで☆

そんな自分、只今、旅行欠乏症とでもいう症状。。w
さもあ 2010年02月20日 02:42 長崎に行ってみたくなりました。
木曜日に行く予定なので
ちょっとウロウロしてみます。 コメントを書く
 絵文字























ウイルスソフトフリーの脅威

McAfeeアンインストールするために

キャノンitソリューションNOD32のダウンロード

スポンサーサイト

カテゴリ:未分類
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。